植物と人の心は通ずる

私が利用した健康食品は、花戦さ。池坊専攻を主人公に描いた映画。池坊専攻の生き様や、花道を通して人々の心を動かしていく様を、能楽師で俳優の野村萬斎さんの好演で、引き込まれるようにして鑑賞する事が出来た。戦国時代から安土桃山時代にかけての人々の生活模様の変化や、織田信長、豊臣秀吉、千利休と池坊専攻との人間模様を描いていて、池坊専攻の生け花を鑑賞する事で、織田信長、千利休、豊臣秀吉のそれぞれの感受性の違いや人となりを見ることが出来、花や木、植物の命を感じる事で、生を実感し、心に悩みや痛みや孤独を抱えている人に対して、癒しを与える事が花道には出来るのではないかと考えさせられる映画でした。花以外でも癒し効果が得られるものは沢山あるけど、道端の花や木への関心も今後増えそう。

健康食品を利用してみて、池坊専攻が生けた生け花を見て、織田信長が豊臣秀吉に言った、人の道理に関してのセリフが、織田信長の強さの中に優しさを凄く表していて、人を引き込む才能がある所以だったのかもと想像させられる場面でした。また、千利休も池坊専攻の生け花を見て、花が行き生きとして自然体でいることに惚れ込んで、池坊専攻との仲を深めていく様子や、池坊専攻もまた千利休の茶道によって心を癒していく様等が描かれていて、とても見応えがある。豊臣秀吉は織田信長や千利休の人の道理を理解出来ずに、独りよがりの、独裁的な政治を展開していく模様が描かれているが、最終的に池坊専攻が花道で道理を教え込む事で、やっと理解する事が出来る場面も見どころ。
お世話になってるサイト⇒コレステロール 下げる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *