コレステロール値の基準

コレステロールには、善玉と悪玉の2種類があります。これは俗称で、よく健康診断でコレステロール値が高いと注意されるのは、血中の総コレステロール量が220mg/dl以上ということを指します。

いわゆる悪玉コレステロールであるLDLが、140mg/dl以上の状態です。コレステロール値が高いといわれても、生活習慣が原因の場合は生活改善するだけでコレステロールを減少させていくことが可能です。

年齢や性別、体調などにも影響される値ですから、定期的に健康診断を受けてコントロールしていくことが重要です。

体重管理のようにわかりやすいものではないため、コレステロールを管理するのは容易ではないかもしれません。しかし、数値としては健康診断することで把握が可能です。

また、気をつけなければならない数値だと知ったら、日常生活に注意することで改善していけるのですから難しく考える必要はありません。

コレステロールの正常な値はというと、総コレステロールが130~220mg/dl、善玉コレステロールが40~70mg/dl、悪玉コレステロールが60~139mg/dlというところです。これに、中性脂肪値が50~150mg/dlというのが加わって、基準値と考えておくのが適当です。

コレステロール値は、とことん低ければ良いというわけではありません。善玉コレステロールと呼ばれるHDLは、血管壁にたまった悪玉コレステロールを肝臓に運んでくれる役目を果たしてくれます。

一方、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLは、抹消組織に活性物質を届ける良い役目を果たしてもいます。しかし、過剰に増えた悪玉コレステロールは、血管壁にたまって動脈硬化の原因を作ったりするのです。一番良い状態は、HDLを多く、LDLを少なく保ってバランスよく維持することです。

毎日の食事や運動などのほかに、LDLコレステロールを下げるサプリを併用して効率良く健康に改善していきたいものですね。
PRサイト:愛され葉酸 効果

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *